拍手ランキング
最近拍手された記事
「拍手数」は通算数です。
リンク元ランキング
お気に入りリンク


穴もぐらHP
ゲーム製作サークル「穴もぐら」さんのHPです。CMNFなゲームを製作、販売されています。メンバーはみなさん女性です。

なす茶ブログ
「穴もぐら」のメンバーである「あなすたしあ」さんのブログです。CMNFに関する考察やショートストーリーが面白いです。

ぺたの横書き
「ぺたの横書き」さんのHPです。女性羞恥などの小説やCGがたくさん楽しめます。

エログちゃんねる
エログの更新情報などが満載の「エログちゃんねる」さんです。



カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター



はずかしい体験~CMNF微エロ篇~バナー
当ブログのバナーです。
ダウンロードしてご利用ください。




CMNF体験談や女の子のはずかしい動画など、「H以外で裸を見られた女性」が好きな方のためのブログです(CMNFとは「着衣の男性と裸の女性」の略語で、男女の対比に興奮するフェチです。このブログではH以外で裸を見られちゃった女の子全般を取り上げています)。

当ブログはCMNFが中心です。CFNMがお好きな方ははずかしい体験~CFNM微エロ篇~へ移動をお願いします。

当ブログへのリンクはご自由にどうぞ。URLは http://cfnmcmnf.blog.fc2.com/ です。
上記URLへリンクを貼ると自動的に左下のリンク元ランキングの対象となります。
また、相互リンクや相互RSS、記事の削除をご希望の方は、こちらのコメント欄か左下のメールフォームからご連絡ください(申し訳ありませんが、相互リンクと相互RSSは内容の近いサイト様に限らせていただいております)。

RSS(他サイト様の更新情報)はこちらをクリックしてください。

当ブログの体験談は2ちゃんねるなどからのコピペのほか、閲覧者ならびに管理人からの投稿が一部含まれています。みなさんの体験談がありましたら、左下のメールフォームからお送りください(ブログで紹介させていただく場合があります)。

忙しくてあまり更新ができずすみません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
スポンサー広告  |  ▲PageTop
彼女が同僚たちに見られた

2012'05.26 (Sat)

半年ほど前のことだが会社の同僚7人で一泊二日の旅行に行った。
面子は男3人女4人。
全員独身だが俺とTは付き合ってて、みんなも知ってる。
で、旅行の目的は温泉だったんだが、あろうことか混浴。
女たちも最初は文句言ってたが、だんだんノリノリになってきて一緒に入浴することになった。
女たちに「Tの裸見られちゃうねー」とからかわれ、俺は内心あせりつつも
まあ、バスタオルを巻くだろうとタカをくくっていた。
そしていざ温泉へ。
平日だったこともあり先客もおらず、俺たちは先に湯につかっていた。
と、そこへ女たちの甲高い笑い声。
脱衣所は別になっていて、濃いすりガラス越しに4人の人影が。
男2人がひょーっと歓声を上げ、それを聞くと、俺の鼓動も高鳴ってきた。
するとガラス戸がガラガラガラと開き、黄色い塊が・・・
俺は目を疑った。
女たちはいわゆる軍艦巻きにはしておらず、黄色いバスタオルを
両手で肩のあたりに持ち、かろうじて体を隠しているだけだった。
2人はさらに歓声を上げた。俺は軽いめまいを感じた。
Tを見た。
頼りない暖簾一枚で隠れているそのすぐ下には、
あの胸、腰、ヒップ、そして大事なところが。。
女たちは湯船の中へ。うまいもんでよく見えなかった。
湯気のおかげもあったかも。
7人全員が湯船につかり、他愛もない世間話。
男2人も意外におとなしくしていて助かった。
しかし安泰も長くは続かなかった。
K(女番長)がメインの湯船の奥にある小さな湯船に行こうとTを誘いはじめた。
Tが仕方なしにコクンとうなづくと、Kはガバっと立ち上がりくるりと向きを変えた。
男どもの前にKの大きくて弾力のありそうなお尻が現れた。
2人はまた歓声を上げている。
俺もKの尻にひきつけられかけたが、そんな場合ではない。
これからTもKと同じように立ち上がり振りかえって、
俺たちの前に、白い丸いお尻を晒すのだ。。。
俺は頭が真っ白になった。そんな俺にTはちらっと目線を送り、何か言いたげだったが
次の瞬間、彼女は立ち上がり、Kと同じようにくるりと回れ右をした。
見慣れたおしりだった。右手の甲をおしりの割れ目にあてがい、彼女は歩き出した。
ぜんぜん隠れていなかった。
残った4人に散々からかわれ、男の一人がTの真似をして汚いケツを披露
したときには、本気でぶん殴ってやろうかと思った。
そのあとしばらくして中年男性のグループが入ってきたため
女たちは出て行った。
その親父たちに見られることはなかったのでよかったが、
あとの女二人の尻は見そびれたのは残念だった。
あのときKに誘われたのがその二人のうちのどちらかだったらよかったのに。。
関連記事
web拍手 by FC2
CMNF体験談  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  ▲PageTop

Comment

コメント:を投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント:投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://cfnmcmnf.blog.fc2.com/tb.php/63-5491fcda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。